クエン酸は代謝のために必要な美容成分

クエン酸の美容成分としての働きや、疲労回復についての働きについて。また、お掃除にまで使えることについてです。

クエン酸は代謝のために必要な美容成分

クエン酸は美容成分だけではない。

レモンやミカンなどの柑橘類、酸っぱい食品に多く含まれるクエン酸は美容成分です。
クエン酸は活性酸素を退治し、新陳代謝の促進します。
そうすることによって、アンチエイジング効果が期待できるようです。
新陳代謝を活性化することによって、お肌の老化防止にもなり、美肌効果につながります。
これは、クエン酸を摂取すると酸っぱい酸味刺激により耳下腺からパロチンというホルモンが分泌され、このホルモンが老化防止に働き、皮膚の新陳代謝を行い、シミやしわなどを防止しするという仕組みです。
また、体脂肪の分解、排出も促し、中性脂肪やコレステロールを溜まりにくくし、ダイエットにも効果があるようです。
ダイエット中に不足しがちなミネラルの吸収も高めてくれます。

クエン酸には美容効果があることは最近の研究にってわかってきたことです。

しかしクエン酸を含む酸っぱい食べ物は、昔から疲れが取れるものとして疲労回復効果があると知られていました。
運動をすると疲労物質である乳酸が蓄積されて、疲れやだるさを感じるようになります。
クエン酸がこの乳酸を取り除く効果を発揮し、元気になる、ということのようです。
クエン酸には、疲れを取る効果や美容成分だけでなく、お掃除ができることで注目されています。
トイレの気になる臭いを消臭する働きや、殺菌作用があり、様々な場所で使用することができます。
もともとは食品の中にも含まれるものですから、安心して使用できることも注目される理由のひとつです。

人気の美容成分。情報量が多いこのサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2017クエン酸は代謝のために必要な美容成分.All rights reserved.